2005年10月21日

重たいお話

偶然見つけた犬のお話・・・。切なくて涙が出ました。”安楽死”とは一体何なのでしょうか・・・。私が小学1年生の時に学校帰りに出会った小さな茶色の子犬。今でも鮮明に覚えています。短毛でちょっと足が短くて額にシワが2本入っててブサイクだったけれど、人懐っこいその子犬は”チボ”と名づけられ、いつも一緒でした。小さなお友達と言ったところでしょうか?

自分で鎖をはずす”脱走常習犯”でもありましたが・・・。

時が流れ中学1年生になったある日、母が血相を変えてタオルにくるんだチボを抱えて帰って来ました。車に跳ねられたのです。額は裂け鼻から血を流し、外傷らしいものはそれぐらいでしたが、焦点は定まらずガタガタと震えています。急いで病院に連れて行きましたが・・・。脊椎を損傷した為歩けなくなり排泄もそのままの状態。頭を打った事によるかどうかは分かりませんが、性格の豹変・・・。物の分別が付かなくなり、見境なく何にでも物凄い勢いで噛み付くようになりました。噛まれても噛まれても血だらけになりながら静止させようとする父・・・。泣きながらそれを見ていた記憶があります。

その後どのくらいの時間一緒にいられたか記憶が定かではありませんが、ある日父が「楽にしてやろう・・・」と。今思えば誰に対しての言葉だったのか・・・。チボに対してなのか、疲れ果てた自分を含めた家族に対してなのか。その時にもし私が反対していたらやめてくれただろうか?

最後のお別れの時、眠るように静かに息を引き取ったチボ。とても穏やかな表情をしていました。

結果的にそれが正しい判断だったのかどうかは今でも分かりません。そんな状態になりながらも生きたかったかも知れない。

もし今アンディーが同じ状態になったとしたら・・・私たちは何をしてあげられるだろう・・・。

深くて重たいテーマです。


ニックネーム nao at 10:51| Comment(5) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チボは幸せだったに決まってるじゃんよォ(泣)

私も実習先の動物病院で安楽死を見た事があります。
老齢でガンに侵され、もう助かる術の無いゴールデンでした。
最初は勉強になるのでしっかりと見ておこうと思っていましたが、もう自分では動くことすら出来ないそのコに
「ねんねするだけだからね。何も怖くないからね。」
と優しく話しかけてる飼い主さんの姿や、
その一方で注射器、鼻に詰めるガーゼ、線香を用意する看護士さん達の姿を見てとてもまともに見学することなど出来なくなりました。

院長先生は「強い信念をもって犬を飼っている人じゃないと、なかなか安楽死という選択は出来るものじゃない」と仰っていました。

もしゴウクが助かる見込みのない病に侵されて、生きていても苦しみしか感じることが出来ないのなら…
果たして安楽死という方法を選ぶことができるのか。
naoさんのお父さんも、相当悩んで出した答えだったのだと思います。

飼い主の喜びは犬の喜びですからね。
安楽死によってチボが苦しみから解放されて、幸せになったんだってnaoさん達家族が思えばチボだって幸せなはず。

そうですよね?naoさん。
Posted by kana at 2005年10月21日 13:18
【命】のお話はとっても重いよね。
安楽死が正しかったかどうかは・・きっと誰も自信を持って答えるのは難しいと思うよ。
だけど悩んで悩んで出した結論だもの、それはその状況に直面した人にしかわからない問題だと思う。
チボはきっと幸せだったと思うし、チボへの思いがアンディや他の子へと生かせれば、きっとチボだって喜んでくれるに違いないよ〜。
Posted by ギグルママ at 2005年10月21日 14:38
きのうね、「エンジェルの願い」を見ました。夜中に一人号泣してました。今日のblogの内容も重いですね。あくまでも私の考えですが安楽死は、ひとそれぞれの考えで良いのではないかと思います。だからチボは幸せだったし、アンちゃんだってnaoさんの家族になれて幸せなんだよ!アンちゃんなんて写真しか見た事ないけど、愛情いっぱいうけてる笑顔してるじゃん!

でも犬の物語3話は、ちょっと辛い・・・
Posted by ぶう at 2005年10月21日 16:02
kanaさん、ギグルママ、そしてぶうさん!今日は本当に重たい内容でごめんなさいっ!!読んだ事がきっかけで”チボはあれで幸せだったのだ!”と強制的に思う事にしたハズだったのに夕べからまたアレコレ考えちゃったんですよ。けど考えても答えは出ない(泣)

安楽死なんて絶対に反対だ!と思う方のほうが多いとは思いますが、”正しい人の心”を持っている人ならば誰だってそう思うんです。ずるいかも知れないけれどケースバイケースなんですよね?きっと。そう思う事にしよう!!

ちょいと話題を変えて!新しい携帯がきた。でも使い方が分からない・・・。また悩むのよ。



Posted by nao at 2005年10月21日 16:37
ガブリエルは、深くて自分と血相や表情と血相とかを静止しなかった?


Posted by BlogPetのガブリエル at 2005年10月22日 11:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/94846
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック